第一章第二章第三章第四章第五章第六章第七章
第八章第九章第十章第十一章第十二章最終章


最終章 「…そして…夢追い人…」
旅先でたまきの麦藁帽子が風に飛ばされた時、そこには…。
頼津学園、シュンが転校をしたことを聞いた浪馬たち一同。そんな皆を図書館の窓から見つめるシュンは、ふみに忘れかけたものを思い出したと告げて、紙飛行機を投げた…。
頼津学園、いつもと変わりない日常。そこにシュンの姿はなかった。そんな中、何かを忘れた気がしている雨堂は、みさきの完成された絵を見て愕然とするのだった…。